うちそとブログ

愛のある装い

ことばと装いの『うちそと』
装いコンサルタント® 瑠璃衣です。
姉妹企画ユニット『うちそと』の
「そと」=見た目(装い・服装)を担当しています。
服装で、
人生が豊かになること
「生きる」ことを伝える
日本で唯一の装いコンサルタント®として活動しています。
 small
私の母は、古い着物をたくさん持っています。
それらを見ると、いつも当時の仕立てに驚かされます。
昔の着物は、ミシンなどの機械がなかったこともあり、基本的には手縫い。
手縫いにも関わらず、とても美しく、綺麗な仕上がりなのです。
同時に、サイズ調整が出来るよう、ほどきやすく、簡単に分解出来るようになっています。
実際ほどくと、一見分からないような見えない細やかな配慮や、思いやり、優しさある細工が、随所にあります。
これこそ、作り手の愛。
作り手の愛を感じるからこそ、モノを大事に扱い、仕立て直してまた使う。
そうした文化が、日本の着物文化にはあったのだと思うのです。
そう思うと、私はモノをいとも簡単に、乱雑に扱って良いのだろうかと、疑問に感じます。
モノの中には、残念ながら「ただ売る」だけのものもあります。
でも、作り手の愛が込められたものも、たくさんあります。
愛あるものは、使い手である私たちを幸せに、心豊かにします。
決して高価なものや高級ブランドのネームバリューがなくても、毎日身に付けることで得られる装いの幸せと、心豊かになる選び方のコツや楽しみ方を、「装いコンサルティング」を通してお伝えしています。
装いコンサルタント® 瑠璃衣
2017年より「うちそと×moving」セミナー始動